せめて夢の中だけであっても

夢の中で好きな人とデートして楽しかったとか、楽しい夢を見たいです。

 

夢くらい壮大なエンターテインメントでもいいじゃないかと思います。

 

わたしの見る夢は本当にしょぼくて起きた時嫌な気持ちになるものがほとんどです。

 

起きがけにトイレに行きたいらしい時は悲惨です。

 

知っている場所なのにどうにもトイレにたどり着けなく、やっとトイレについても汚過ぎて入れないのはよくあります。

 

プロポーズされる夢では、現実世界でも裸足で逃げたくなるようなお相手ばかり。

 

好きなアーティストのライブの夢では、何故か田舎の狭い公民館が会場なのに、私の席は一番後ろ!

 

何故か自分だけ全裸の夢もよく見ます。

 

色々いい夢を見る事を試したりもしました。

 

若い頃は好きな人の写真を枕の下に置いて寝たり、寝る前に気分の良くなるヒーリングミュージックを聞いたり、明晰夢の本を読んで試したりもしましたが効果はなくて、それなら起きている間の現実世界を少しでも良くする努力をしたほうがいいのではないかと思って、どんなしょぼくて悲惨な夢も忘れる努力をすることにしました。

 

ただひとつだけ良かった夢は、若い頃遠距離恋愛になった事があったのですが、不安や寂しさを相手にぶつけてしまい、相手をとても傷つけて終わってしまいました。

 

後からとても反省したのですが、伝える術はなかったのですが、ある日夢に彼がでました。

 

「あの時は申し訳ございませんでした」と夢の中で彼にお詫びをしましたら、彼は「いえいえ、あなたも色々大変だったのでしょう」と言いました。

 

本人はこんな事言わないとは思いますが、夢の中でのこの出来事に救われた気持ちでした。