MENU

子供って本当に宿題しないなー。

 

うちは共働きなので、仕事終わって家に帰るまでに宿題やっとけよ?って毎日、毎日、そして何年も言い続けているのに。

 

全くしない!(笑)

 

理由を聞いても答えないし、何をやってるかというとゲーム…。

 

立派な大人になれないぞって言っても上の空?。

 

まあ自分も子供の頃に宿題なんてまともにしたことがなかったので、遺伝子的に仕方ないと言えば仕方ないが。

 

宿題をやれ!と強制しても全く効果がなかったので、作戦変更することにした。

 

宿題をやれば、お小遣い10円制度を我が家で導入しようとした。

 

小学校3年生なので10円くらいでいいだろうと思ったのだが、うちの奥さんに「お金で宿題するような子に育って欲しくない!」と反対されて却下…。

 

自分だってお金で仕事してるのにーって反論しようかと思ったけど、やめた(笑)

 

そして僕は考えた。考え抜いた。そしてある結論に至った。

 

その答えは「なぜ勉強が大切か、ということをまず子供に理解してもらおう」作戦である。

 

やはり何をするにしてもモチベーションが大切だ。

 

それがお金でもお菓子でもいいのだろう。でもそれでは毎日エサを探して生きている小鳥や野良猫と一緒になってします。

 

小鳥や野良猫の生き方の方がうらやましいという人もいるかもしれないが、やはり僕らは人間だ。

 

高等動物なのだ。

 

というわけで、これからは毎日毎日…勉強することがなぜ大切なのか?ということを懇々と話し続けてみることにする。

 

先輩医師のF先生もその作戦で子供さん4人を全員医学部に入れたっていう話も聞いたことあるし…。

 

がんばろ(笑)