華麗じゃない遺産

韓国ドラマ「華麗なる遺産」を何年かぶりに見ています。

 

このドラマは簡単に説明すれば、ヒロインのコ・ウンソンが道端で倒れているお婆さんを助けたら、それが「チンソン食品」という大会社の社長さんで、遺産を譲られるというシンデレラストーリーです。

 

当時見ていた時は地上波で(フジテレビ「韓流α」)カットもされていたので分かりませんでしたが、キチンとノーカット版を見て気付かされました。

 

このドラマの裏の主役は「華麗じゃない遺産」をしょい込んだ、意地の悪い継母なのだということが。

 

この継母、父親が事故死した途端にウンソンと自閉症の弟ウヌをはした金だけ渡して家から追い出すのです。

 

なぜかというと、父親が死んだことで手に入る保険金を自分と娘だけのものにするためです。

 

ところが、この保険金のことを隠そうとするために、次から次へと嘘をつかなければならなくなるのです。

 

娘のためにと思ってしたことで。かえって娘からは軽蔑されます。

 

真相を知ったウンソンからは、壮絶な仕返しをされることになります。

 

最初に見た時は憎たらしいだけの存在でしたが、2回目の今回ではこの継母が気になって仕方がありません。

 

むしろ、娘の幸せを本気で考えている、愛情深い母親にも見えてきます。